地域を分散型にする「分散革命」

金子 勝
慶應義塾大学名誉教授

新型コロナウィルスは世界経済を分断と不況に導いています。これまで日本は円安誘導と賃下げによる輸出主導と財政赤字で経済回復をしてきましたが、新型コロナは、それを困難にしていきます。未来を見通した情報通信と自然エネルギーへの転換を突破口にした技術革新と産業再生、福祉や食と農を大胆に地域分散型にする「分散革命」が必要です。もちろん、地域から全員検査を行い、隔離、治療といった抜本的コロナ対策をとることが前提です。